読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

かーびぃのメモ帳

球体の生物が日々感じたことをつぶやくよ!

HOPPING DICE(Rb:3/7/9/11)

 どうもかーびぃです。

 

 朝から活動していると休日は少しだけ得した気分になれる。月曜日が少し死ぬかもしれないけど。

 かーびぃの最近できた趣味にランニングがある。もとはといえば会社でマラソン大会に参加することになったわけで、うちの部署は人が少ないから課長以外全員参加というとんでもない鬼条件での戦いになった。しかし、それでちょっと練習してみるかと走ってみたら案外いいタイムが出たのと、音楽を聴きながら走るのが意外と楽しいことに気づき、ランニングシューズやウェアを取り揃えて走ってみるとさらに快適で、しかも最近のアプリは便利なもので、走るときに持ち歩いているだけで走ったルートや速度、消費カロリーやペースまでわかってしまうという優秀なものがあるからさらに面白くなって、ちょっとはまっている。ちなみにマラソンは10キロの部での出走であった。何を隠そう、今日がそのマラソン大会だったのである。大勢の中で走ったり、給水が途中であったり、極めつけは恐ろしいほどに走りやすいコースのおかげで、信じられないほどの勢いでゴールし、大幅に自己ベストを更新した。どれくらいかというと、かーびぃのかつての自己ベストはせいぜい57分を切るくらいなのだが、それが50分台まであと少しというところまで伸びた。どんなものであってもサイコロは振ってみるまで分からないということである。

 ちなみにかーびぃは新谷良子のライトファンであるが、ランニングにかける曲を新谷良子に統一したらタイムも伸びるしペースが平均化されるということに気づいたので走るときはずっとチューリップ王国に囲まれている。今回も即席でペース配分を考えてプレイリストを組んだらうまい具合に後半の失速を防ぐことができ、9キロくらいまではほぼほぼ同じペースで走り続けられた。かーびぃは持続力に難があるのでいつも8キロ9キロでちょっとタイムが伸び悩むことが多い。逆に6,7キロはスピードが乗っているのか、最初で体力を使い果たしていなければだいたい最速区間である。だいたい10キロだとそういうペース配分になるんじゃないかと思う。よく知らないけど。なので、プレイリストを組む時は前半はオタ芸が打ちやすそうなミドルテンポのものをかけ、4,5曲目あたりで高まるメイン曲を入れて小爆発させつつ、失速しないように良歌詞ものを取り混ぜて、9曲目あたりで最高潮となるように仕込み、そしてラストが「そらとけ」*1で心置きなくゴールに向かえるようにするという即席で考えたにしてはまあまあよく考えられた(?)プレイリストだった。

 ちなみにタイトルも新谷良子の曲名である。曲名でググればすぐ出てくると思うのでとくにご紹介はしないスタイル。新谷良子の曲の中でもノリノリで音ゲー譜面にしやすそうな感じの曲である。似たような雰囲気の曲は「ハリケーンミキサー」「UNLOCKER!」あたりだろうか。いずれもかーびぃの上位ヘビロテ曲となっている。

 その横の文字列は察してくれ。

*1:「空にとける虹と君の声」の略称。