かーびぃのメモ帳

球体の生物が日々感じたことをつぶやくよ!

夢の向こうまでぼくは旅を続けるつもりだよ

 どうもかーびぃです。

 

 ぼくがピロウズのライトファンなのはあまり知られていないような気がするが、特に好きな曲は「スケアクロウ」で、中でもタイトルの通り一番最初のフレーズが神がかっていて好きである。歌ってみるとすごく気持ちが良いしきれいに聞こえる。

 

 ついに弊部署でも新人を迎えることになった。つまりかつて新人として赴任したぼくが、今度は迎える側になるわけである。もっとも、新人とはいえ、弊社では中途採用も押しなべて新規採用という表記なのでぼくより年上のおじさんである確率はかなりあるし、下手をするとぼくと同い年あたりも結構ありうる。地味に怖い。

 ちなみに弊部署は業界最高水準のホワイト企業の中でもホワイト部署に名を連ねている。退勤時間がどんなに遅くてもてっぺんを回ることはまずないし、定時で帰れる確率も他部署と比較すると非常に高いといえる。弊社の中でこのクラスはまずうらやましがられる。まあいうて業界が業界だからな。ただ土日の勤務日がめちゃくちゃあるのが弱点である。

 ちなみにぼくの今日の退勤時間は22時前くらいで、これが3月最長だった。フロア内だと後ろから2番目である。この記述で賢い社会人予備軍のみなさんはいろいろ察してほしい。

 

 さてまあ、いくつか書きたいことがあるのだが、あえて一つだけ書くと、文フリ東京での単独短編集の頒布は断念しました、ということだけである。

 いや、この時点で完成作0はさすがに無理よ。途中精神ぶっ壊したり薬増やしたり休日出勤しまくったのが響いて原稿と向き合えてなかったのが最大の要因である。反省していきたい。そして今年じゅうに長編をひとつ書きたいし連載も完成させたいのだが。

 

 いろいろとムリゲー。