読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

かーびぃのメモ帳

球体の生物が日々感じたことをつぶやくよ!

プレミアムの乱用が世界を狭くさせたのか

 どうもかーびぃです。

 

 プレミアムフライデー。もはやプレミアムさのかけらもないほどにチープなミームを伴ったワードになり果ててしまったこの言葉。どこの役所が言い出したかも忘れたが、国家公務員の中央にいるような人間はだいたい朝から夜明けまで働き続けるサイボーグみたいな人たちなので脳の稼働率的な意味でそもそも効率的な施策を打ち出せるのかなかなか微妙なところだし、今回もかなり滑ってる感じはあるがとりあえず出来る人がものすごく少ない恵まれた人間なので、ケチケチせずに経済を回してほしいと思うことはある。貨幣それ自体が実体を持たないインフラであることはもっと多くの人に知られるべきだとつくづく思う。

 

 文フリ京都から1か月が経つが未だに半分読み切れてない。いい加減上位を発表したいのだがそれもできない手詰まりな状況だ。それについてはもう少し待ってほしい。

 そんなことより、テキレボこと「Text-Revolution」の第5回に参加が決まりました。「まんまる書房」のソロで出陣します。

 そこで、先日初稿がようやく完結したSF寄りのフューチャーファンタジー(近未来系ファンタジーの総称の造語)、「V~requiem~」を単行本として、またひざのうらはやお3作目の長編小説として出そうと思います。

 初稿版はカクヨムで読めます。

 

kakuyomu.jp

 なお、主要企画として「短編詰め放題」というものをやる予定だ。これは文フリ京都の「小説のくず量り売り」をより多くのバリエーションに整えたものだ。一説によればかーびぃ氏史上最ごうがふかいなを記録する超レアな短編もあるとか……たのしみー!

 

 そういえばたのしみー!で思い出したんだけど、けものフレンズを一気見した。登場フレンズの語彙力が特殊なことになっているのがものすごいこだわりを感じるし、圧倒的SFフォーマットに仕立てながら表面的にはこう、女性声優をとにかくいっぱい使う感じのあのわちゃわちゃした感じのアニメの体を保っていて、それが全体のバランスをとっているというか、非常に不思議なアニメだった。ちょっと昔のアニメで言うと流されて藍蘭島くらいに絶妙なバランスである。もっともあれは堀江由衣がわちゃわちゃを完璧に全力でぶん殴って平にしている感じのバランスだけど。すごーい!たーのしー!

 

 年を取ると小難しかったりめんどくさかったり暗かったりするものが段々摂取できなくなっていくっていうのはなんというか、最近とみにそんな感じになってきててすごく危機感を覚えている、