読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

かーびぃのメモ帳

球体の生物が日々感じたことをつぶやくよ!

高値の花を撃ち落とすために狙撃銃をそろえているわけじゃない

雑記

 どうもかーびぃです。

 

 批評を終えてからというもの気が抜けてしまいまともに活字を読んでいない。インターネッツのやわらかなふにゃふにゃ文章に触れていると活字を噛めなくなるぞ、って小さい頃親に言われたような気がする。知るか。

 

 昔から文章を書くのが好きだし、意味もなく誇張するのが好きな人間でそれでよく怒られていた。小学生時代の絵日記なんか嘘ばっかりだ。しかも「今日は宝くじで3億円が当たったので回転ずしでウニを食べまくりました」みたいな誰にでもわかるような荒唐無稽なやつではない。よく読むとどこかしらが嘘であることはなんとなくわかるのだが果たしてどこが嘘なのかは本人じゃないとわからない、もしかしたらこれ全部嘘なのかもしれない、といったように読み手を疑心暗鬼にさせるような嘘が得意だった。

 むしろ、逆に正直にすべてぼくの思ったことをありのまま述べるということが全くできない人間であるともいえる。まあ人間じゃなくてわしかーびぃなんですけど。とまあこういった具合である。これで何が困るか。実のところ社会生活で困るところはそんなにない。というかほぼない。なぜなら人間というのは大なり小なり嘘を上手に使って社会生活を送ることを求められているからである。ただ一つだけ困るのが、もう皆さんお分かりかもしれないが恋愛的な場面である。こういう人間、もとい球体の生物だと何を語っても真実味が薄い。したがって自分ではまあそれなりに、例えば「スケベしようやあ~~」みたいな感じで伝えられたと思ってはいても、相手にはそれが全く伝わっておらず、「今夜は月が綺麗ですね」程度にしか思われていないという逆夏目漱石現象が発生しまくっている。もう島倉千代子なのだ。今気が付いたんだけど島倉千代子がなくなってからもうだいぶ経つわけで、ナウなヤングの皆さんは島倉千代子大先生を知らない可能性があるんだよなあ。悲しくて悲しくてやりきれないですねえ。なにがフォーククルセイダーズだ。とにかくアレなのだ、ぼくが何を語ろうとも黒髪ロング一重まぶた微乳お嬢様系女子は真剣に聞いてくれないのだ。一文字めづるちゃんは聞いてくれるのにね。しんけんだけに。

 最近ついのたーでよく見るような話に、おそらく発言者は「発達障害の子供に日本の教育って合ってないよね」みたいな趣旨にしたいであろうツイートで、「発達障害と思われる子供に対して担任の教師が独自の努力をした結果みるみるうちに当該児童の成績や素行がよくなった」という旨の話をしているのだけれど、なんかこう、この手の話のもやもや感って、「じゃあお前その子供にそれだけ独自の(公平性を損なうか損なわないか議論になる程度の)努力で分かってもらうようにしたところで何も変化がなかったらどうすんだよ」ってすーぐ思ってしまうというか、本当にこの手の話に多い「非定型は何かしらの特殊な能力を持っているに違いないからそこを生かすべき!」みたいなことを何の疑問も持たずに抱きに抱いてしまい脳髄の軸に引っ付いて取れなくなってしまっている錆びた思想の持ち主が日本にごまーーーーーんといるのだろうなということを考えてしまいぞっとするわけである。

 それって裏を返せば「使えない奴は死ね」っていう優生学的なやつじゃないですか、文明的な意味でも人間の存続という意味でも非常によろしくない考え方じゃなかろうかとぼくは非定型の立場で思っているわけなのだが。確かにぼくも昔は少なからずそう思っているというか、今でもそう思ってるなーっていう気分になることはありますけど、優生学的思想って人を滅ぼすやつですよね。これを早急に改めないと人間死んじゃう。まあわしかーびぃだし関係ないか!ちなみにかーびぃ氏は日教組的な組織に対し並々ならぬ私怨をもっていたりするがそんなことはこの記事に関係ないのである。ないったらない。だめだだめだいかんぞそんなことを考えては。

 

 テキレボ、いい感じで準備が進んでいます。短編詰め放題が好評かどうかわからないので、とりあえず種類を増やしたら数を持っていけなくなってしまったのでその辺を考えた結果若干でいいかってなってます。なのでもし予想外に大盛況だとお目当ての短編がなくなるかもしれないですよと。まあそうはいっても大半の文章はぼくのページのどこかにおいてあるんですけどね。

 

 月収2億くらいほしい。そして税免除とかになりたい。