読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

かーびぃのメモ帳

球体の生物が日々感じたことをつぶやくよ!

ハードルを高い方に持っていく新しいタイプの自傷趣味

雑記

 どうもかーびぃです。

 

 今日は冬至だって、クレーマーのじいさんが教えてくれた。「冬に至る」って書くけど、とっくの昔に冬に入っているという意味ではこの解釈は間違っているのは明らかだろう。じゃあどう読むかというのは五反田らへんにいる漢文の教師にでも聞けばよろしい。

 職場の同期に、最近箱根駅伝が強いあのチャラついた大学出身の男がいるんだけれど、かーびぃ氏と男子校出身という奇妙な共通点があるのでなんか変な部分だけ電波が通じてしまうのがどうにもおかしい。彼がジュディマリを勧めてきたわけで、けれどぼくはずいぶん前にジュディマリはいったん通ってきてしまったしなんかこう、ジュディマリ好きな男子ってあれじゃないですか。そう、あれなんですよね、あれ。そういう感じがちょっとな、って思って敬遠していたんだが、まあよくよく考えればブリグリを喜んで聞いている時点でそうそう変わらないんだよなっていうところに落ち着いて、普段大して使ってないアップルミュージックを活用してジュディマリのアルバムを聴いてるんですけど、もう予想通りの安定感なんですよ。だがね、ぼくは知っているんだ、ジュディマリを聞く男子はモテない。驚くほどモテないんだなこれが。女はともかく男からもモテない。なぜなのかは知らん。知ってたとして書くはずもない。時すでに遅し。

 あれほどまでにスタイルもよく女子になじむ彼がぼくが思うほどはモテていない理由がなんとなくわかった気がした。気がしただけ。こんど彼に新谷良子の曲を勧めてみたい。案外喜んで聞きそうな気がするんだ。

 恋人から贈られたアクセサリーのブランドがアレで別れた、みたいな話をインターネット都市伝説的な雰囲気でよく聞くわけだが、そもそも他人にアクセサリーをおいそれと贈るようなタイプの人間ではないので、なんとも感覚が理解できなくてイスラム教徒とキリスト教徒の宗教戦争の小説を読んでいるようなそんな気分になる。アクセサリーってあんまり着けようとも思わないし、ましてや他人に贈ろうとも思わない。そもそもそういうセンスに全く恵まれていないし、そういうのは本人に任せた方がいいのだ。ぼくはおそらくつけないほうがいいことは知っている。つけてもなくしてしまうからだ。そういうハイコンテクストはわかるひと同士でやってほしいしハイソサエティだけにして欲しい。こっちくんな。

 ただまあ、アクセサリーがどういう意味合いを持つのかというところを抜きにして考えれば、贈られてきたものが自分と合わないものだったので、この人と自分のセンスは合わないから別れた、というのは至極合理的な判断のように思うし、それだけでそのブランドがダサいっていうのは少し違う話で、その女性には合わなかっただろうがそれを好んで身に着ける人もいれば、きちんと着こなす(?)人もいるだろうし、つまりあれでしょ縁がなかったんでしょ、それをさも何かの業のようにツイートしただけでしょ。

 これが言いたかった。

 というかぼくの好きな人って、そういうところやたらハイセンスなので、ぼくが贈られることはあるかもしれないにせよ、恐れ多くて身に着けるものなど贈れないのである。今までお付き合いをした諸氏におかれましては「あ、自分はセンスを軽く見られたんだ……」と思われる方がいるかもしれないがそういうことである。イマージナリーな元カノはどんどん増えるぞ。しらないうちに100人くらいになる。そんな概念なんかどうでもええねん、好きに生きなはれや。

 インターネット噺家よりも炎上ラノベ作家のほうが先に誕生しそうな件について。