おもちくんのメモ帳

球体の生物が日々感じたことをつぶやくよ!

反転する概念のひねりで身体がおかしくなったら

 どうもおもちくんです。

 さて、文フリ京都シーズンの選外まとめをかけそうなくらい溜まってきたので、ここにちょっとまとめたいと思う。

 今回は選外まとめ記事は3,4個出す予定だ。とにかく、これが最初。

 

リビングウィルの約束」著:小雨(アメノトロニカ)

 ある少女を救うために時を止めた主人公。いつしかそれを忘れ、終わりの直前を永遠に過ごし続けるのだが……という話。なんだか、RPGをクリア目前の一番楽しいところで止めてしまうあの感じがとてもよくあらわされているなあと思った。絵本なのだが、色味がないコントラストのある画と、途中に仕掛けられているギミックがとても考えさせられた。エモーショナル。

 

「Black Sheep in the Cage ~Some of Crimson~」著:神谷アユム(青猫のすみか)(レート:B)

 でました、熱いダークファンタジーBLことBSC。今回は世界観というか彼らのいる空間に深い奥行が広がったように思う。あとつくづく思うのだが、神谷氏の文体はぼくの好きなライトノベル作家である綾里けいしの重量感を極限まで削ったみたいな感じでとても読みやすいしエモーショナルだなあと思う。これもまたエモーショナル。

 

「VS ANOTHER」著:樹真一(非流動的なお茶会)

 隣のサークルだったのでお買い求めした掌編。もう片方の長編とおそらく世界観がつながっているのだろうと思う(タイトル的に)。特殊能力をもった女子高生が頑張るはなし。ライトノベルで世界観がすっと入っていけるところがよかったなあと思う。本編はまだ読めてないです。

 

「Phenomenon to be quietly」著:私派ぼくら

 初期衝動。まさに初期衝動という言葉そのものを数千回積分したらこの本になるんだと思う。懇親会で最後の1冊だったのを貰ってきた。ある意味では純文学という者のひとつの到達点ともいえるような気はする。それは素っ裸で釘バットを握りしめて東京タワーを上るようなアナーキーな感じで、とにかくごうがふかいなの目白押し。爆発的なパワーという意味ではこのシーズンでも上位になるのだろうなとは思う。その割に表紙が黒を基調とした落ち着いた感じなのがちょっと気になった。中身はだいぶ派手。

 

「ひとりぼっち病うさぎ」著:madelene(モノカキヤ)

 衝動という意味ではこれも負けていないような気がする。この小説は短いけれどまど氏の技巧力と作者としてのヘキを出すのに十分な量で、ある意味で名刺代わりにできるものだなあと思った。作中にでてくるちびた鉛筆のような、象徴的でそれでいて全体に漂う「供養」感。インパクトと直球。じつはもう1冊まど氏のを持っているがこれが本当にとんでもない。この記事には書けない。つまりそういうこと。

 

「白鴉 29号」著:白鴉文学の会

 ガチガチの文芸誌でした。純文学専門なのだろうか。いずれにしても技巧力はおそらく抜群で、どれくらいかというと平均的な合同誌の中でこれは、というひとがだいたい3冊に1人くらいいるんだけど、そういう人がみんな集まっているみたいなレベル。ここの人たちが大阪桐蔭の野球チームだとしたら、さしずめぼくらは、地元の公立高校の9人しかいない野球部員のひとり、くらいの差がある。みんながみんな、文学というものが何かを掴んでいて、それが共有されていて、そこに向けてどう光を当てていくか、みたいなレベルになっている。こんな人たちと新人賞で戦いたくないなあ、と思った。その在り方にたいしてぼくは何かを言うことのできる立場にはないが、信じることの強さというものを確かに知ることのできるすさまじいものであったことはここに書いておくべきで、中でも大新健一郎氏の「ARUND37°N」は、世に何か爪あとのようなものを残したい、ぎらぎらした書き手であればぜひとも読むべき作品であるように思う。個人的には最初と最後の小説が圧倒的で、この人たちはきっと大きな文藝賞でも最終選考まで残るような実力なのだろうな、と納得できるくらいだった。

 

 ということで、なかなかにレベルの高い激戦が繰り広げられている文フリ京都シーズンであるが、評点がかなり面白いことになっているし、この中でももう少しで暫定3位になっていたものがある。しかも後半に高レートの書き手を多く配置しているので、これからもさらなる激戦が予想される。本番はこれからだ。

 まだまだ読んでいくぞ。

 

「満室になる前に」執筆者決定しました。

 どうもおもちくんです。かーびぃってだれだよ。このブログだっておもちくんのメモ帳だろ。

 

 というわけで、予想外にちょうどいい数の参加希望があったので、抽選を行わず、当初より1名多い7名でのアンソロジーになりました。

 なお、アンソロジーのレギュレーションについてはこちらをご覧ください。

 

 ということで、早速ですが執筆者を発表したいと思います。

 ちなみに一応、全員小説を読んだことがある人なので、軽く紹介、というか期待のことばを書いていきたいと思います。

 

1.藤ともみ氏

 あまり作品を読んでいないので何とも言えないのですが、趣味一直線を書いていくタイプのひとだなあと思います。このアンソロでもまっすぐ筋の通ったものを出してくれるのではないかと思います。

 

2.オカワダアキナ氏

 この人のためにアンソロを作ったみたいなところがあるのでアレなんですけど、とにかくブログでいろいろ書いている通り、特にセクシャルおじさんに関して凄まじい力を持つ書き手です。ラブホテルという舞台において様々な引き出しを用意していると思われます。こうご期待。

 

3.madelene(まど)氏

 ここに並んでいる人たち、みんなそろいもそろってごうがふかいなの極み、みたいなところがあるしそれぞれがそれぞれにごうがふかいなを保持しているのですが、純粋な量、というかぼくが考えるなかでの最ごうがふかいなをあえて選ぶとするなら、まど氏だと思うんです。独特のキャラクターとくせの強いストーリーラインがラブホテルとどう絡んでくるのか、ものすごく気になります。

 

4.泉由良氏

 少女性、ということであればこの人かなと、個人的には思っているのですが、非常にポジティブな意味で、持ってくる内容が予想できません。ラブホテルと泉由良、あるようでない、ないようであるような気もするけどやっぱりないんじゃないの、みたいなそういう、近いようで遠い組み合わせだと思います。どんな小説を書いてくるのか今からわくわくが止まりません。

 

5.ひのはらみめい(そにっくなーす)氏

 おかさんに次いでラブホテルという舞台がしっくりくるんじゃないのかなと思います。とはいえその変幻自在にして遅効性の猛毒を孕んだ文体は一体どんな話を持ってくるのか、非常に気になります。

 

6.シワ氏

 ここまでの並びから考えるとちょっと意外な方では? とお思いかもしれませんが、第6回テキレボで開催された「みんなのごうがふかいな展」内の特別シーズンでチャンピオンに輝いた実績をおもち。精密なストーリーの創り手でもあります。

 

7.ひざのうらはやお

 えっちょっとまってこのメンツで書くの?????

 ただでさえアンソロ映えしないくせに??????

 とか言ってます。

 

 ということで、この7名での執筆予定です。

 途中やむを得ず執筆者が変更になる可能性もあるかもしれませんが、この7人ですさまじいごうがふかいなを体現するような、そんなアンソロジーを作っていきたいと考えています。

 よろしくお願いします。

 

執筆者の方へ

 後日、初稿の締め切りおよびその後の予定についてをメールもしくはDMで送付させていただきますので、執筆作業等を始めてしまって構いません。よろしくお願いします。

ラブホテルアンソロジー「満室になる前に」について

 どうも、ひざのうらはやおです。

 

 かねがねツイッターではお知らせしておりましたが、ちょっとアンソロジーを企画してみたいと思っていまして、そのひとつとしてタイトルのようなアンソロジーを企画しますので、いっしょに製作していただける方を募集します。

 

 アンソロジーの概要および募集については下記のとおりです。

 

アンソロジー企画概要

タイトル(予定):満室になる前に

版型:文庫(A6)版

表紙:フルカラーPPコート

本文:文章のみ(小説6編とあとがき)

予定ページ数:未定(150~200の間と思われる)

 

小説レギュレーション

 ・4000字以上16000字以内

 ・ラブホテルに入るまでと、出てからの2場面を小説の全部もしくは一部とするもの

 (※ここでのラブホテルの定義は、風俗営業法などで定められているような厳密なものではありません。読者に「想起」させられればOKです)

 ・ラブホテルでの中のことは原則として書いてはならない。ただし、登場人物の会話文中や一人称視点内における回想の形をとり、現在形をとらないものに関してはこの限りではない。しかし、その場合においても、該当する部分の字数が小説全体の字数の1/5を超えてはならない。

 ・ジャンルや登場人物の制限は特に設けないが、既出商業作品および自作以外の既出非商業作品の二次創作は不可とする。

(※非実在のラブホ街を描いてもOKです)

 ・第1稿を提出した際、参加者全員で読み合わせを行い、上記のレギュレーションが保たれているかどうかを確認する。

 

初稿締め切り:2018年12月ごろを予定

頒布予定:第1回文学フリマ広島、もしくは第8回Text-Revolutions 

 

募集

・小説執筆:5枠(ひざのうらはやお含め6名で執筆)

・表紙作成:1枠(小説枠と兼務可)

※いずれも応募多数の場合は抽選をもって選出いたします。

 募集期間:今日から8月末まで(状況によって延長の可能性あり)

 応募方法:メール・DM・Twitterへのリプライにて参加表明を受け付けます。こちらから表明を受理した旨のお知らせを送りまして、応募完了となります。

 参加表明については「ペンネーム等・連絡をとれるTwtterアカウント等・メールアドレス」を記載してください。こちらから連絡できない可能性があります。

 メールについては下記の通り

 「cid-and-stilzkin(スーパーおもちくん)hotmail.co.jp」

 (スーパーおもちくん)部を@に変換してください。

 お問い合わせについても受け付けます。

 

その他

 直接の報酬となるものは完成品の献本1部のほかはご用意できません。

 ただし、発行されたアンソロジーについて、「そりゃたいへんだ。式」のオーナー持ち分方式をとります。当該アンソロジーを自サークルで頒布することを希望する場合は、実費相当の金額を弊社に納付することで頒布権を得るというものです。実費の計算式等の詳細についてはここでは割愛します。

 

 なかなか複雑なルールを持っていますが、要はラブホに入るシーンで出てきてからのシーンが書いてあればだいたい大丈夫な感じです。みなさんふるってご応募ください。よろしくおねがいしまうま。

 

明日を夢見て欲に駆られる彼らと空虚な滅びのあいだに

 どうもかーびぃです。急ピッチなのはいつものことである。次に進みたいという焦りもあるが、まずは書ききってしまいたいという思いがある。みなさんは好きに読んでくれればそれでいい。

 

 文フリ東京25シーズンも、残すところ1位の作品を残すだけとなった。すなわちこの記事がそれなのであるが、半年以上をかけてようやくたどり着いたといっても過言ではない。だから余計にせいているのかもしれない。

 

 さて、ぼくがよくマクラとして使用するのでおなじみになってきてしまっている9mm Parabellum Bulletの「バベルのこどもたち」という曲がある。そこまでクサさもなく、激しさもない、9ミリにしては地味な曲調なのだが、しかしそれだけに歌詞のえぐみがすさまじいものがある。

 さて、なぜこの曲をマクラに選んだのか、それはみなさん実際にこの作品を読んで確かめてほしい。

 

「パペット・チルドレン(新装版)」著:咲祈(モラトリアムシェルタ)

文体:30 空間:35 (半客観分野:65)

感覚:33 GF:39 (主観分野:72) 闇度:0.702 レート:7.120(表記:E)

総合点:130.582(文フリ東京25シーズン1位)

 

 ということで、個人的に大本命でもあった師匠こと咲祈氏の新装版「パペット・チルドレン」が7点以上の高ハンデにも関わらずシーズン首位に輝いた。

 ちなみに、本作の旧版に関してもぼくは記事を書いている。

houhounoteiyudetaro.hatenablog.com

 2年半近く前の話、シーズンレースという方式を考え出す前、師匠の作品に触れ始めて、その世界観の荘厳さとそれ故の凄惨さに魅了された頃に書いたもので、随分と直球ではあるが言語化に苦労しているさまが読み取れる。

 それはさておき、つまるところ今回で同一の小説について2回記事が書かれるという異例の事態になったわけだが、それもそのはず、この新装版では旧版と表紙以外でもだいぶ異なった印象を持ったからであり、また、シーズンレースに乗ってきた場合のこの作品がどれくらいの位置にあるのかを自分で測りたいとも思っていたからで、まあ、ある種の必然ではないかなと思う。

 旧版から新装版にするにあたって、おそらく装丁以外に本文にも若干の修正を加えたのではないかと思う(もし違っていたらぼくの記憶違いになるが……)。というのは、旧版にあったストーリーテリングの若干のもたつき(ぼくはこれはこれで雑味として消費したのであるが)が完全に姿を消し、一縷の隙も存在しないほどに、より完成度の高い作品となっている。主人公たちは、身体を改造して人知を超える力を持つことで兵器と化した少年少女たちなのであるが、その主な任務というのが、旧世代の彼らを見つけ出して始末することであるというのが本作のごうがふかいなポイントであり、軸となる部分だ。

 ここで、一部のコアなかーびぃファンのみなさんはお気づきだろう。この構図が、拙著「V~requiem~」と全く同じであるのだ。いや、あのパクったわけじゃなくて、書いてから同じであることに気が付いちゃったパターン。これのみならず、Vは咲祈作品の影響を非常に強く受けており、師匠に出会わなければ完成しなかったといっても過言ではない。

 同じ同じと騒いでいてもしょうがないので、全然違う部分についても述べたい。この作品は、咲祈作品全体を貫通しているテーマのひとつ、「おとなとこども」の対立が非常に象徴的に描かれている。人間社会を維持するために心血を注ぐ「おとな」と、信念的な正しさと、自らの存在を守るために声をあげようとする「こども」の対比と対立、からのカタルシスは非常に強烈で、師匠の作品の中でもこれが最も色濃く、かつ、正面から描かれているのが本作であるといえる。(とはいえ、まだぼくは2作品ほどたどり着いていないものがあるのだが……)そこがまさに咲祈氏の作者性、すなわちごうがふかいなの部分である。前述したごうがふかいなポイントというのはそういう意味である。

 ちなみに、新装版になったことで、師匠自らが描かれた表紙ではなく、より師匠の意匠に近づいた表紙になっており、また章立てのレイアウトも一新されていて、全体的に読みやすさが大きく向上しているということは付け加えたい。

 

 ぼく自身、師匠のような美しいファンタジーを書くことを目指して活動を続けてきているというところもある。しかしながら、ぼくにはその才というものが実はあまりないということにも自覚的で、それは「V」を書いたあたりから感じてきたことであった。ぼくにとっては少なくとも、「V」を超えるものを作ることは当面難しいと考えている。目の前に広がる師匠の作品の確固たる世界観や、その筆致の進化などを見ていると、ひとには向き不向きというものがあるし、好きであることが必ずしも向いていることではないのだ。そこは、どこかで諦めなくてはならない部分でもあるのだろう。

 

 とにかく言いたいのは、師匠の作品と9ミリの曲の親和性が高いのは先回お知らせしたところであるが、この「バベルのこどもたち」もナバトレ(マクラ曲:光の雨が降る夜に)と同じくらい親和性が高いのではないかと勝手に思っている。ま、それは個人の意見ということで。いや全部個人の意見だけど。

 

 ということで、文フリ東京25シーズンを制したのは、やはり師匠、咲祈氏の作品であった。しかし、書き手レーティング制度があったことにより、上位が予想外の接戦を見せたことは面白い。今後も誠実に評点化しながら、シーズンレースを続けていきたい。

滅びの呪文は聞く人間がいないことにはその効力を発揮することはない

 どうもかーびぃです。

 

 さて、引き続いて、2位の作品である。これは正直一番書くのが難しいな、と読んでいるときから思っていて、上位になるのがほぼほぼ確実であったのだが特にあんまり考えることもなく、そのまっま何も考えずに全部読んで行ったらついに2位に残っていたみたいな、そんな感じである。というわけで、難しいながら、ぼくはそれをやってのけたいと思う。どうにかして。

 

 小南泰葉というシンガーソングライターがいる。3位の時に話題にした黒木渚とはだいぶ方向性が違う、ダークな少女性が強い、衝動的な作風である。中でもぼくは「藁人形売りの少女」という曲の物語性と発想の完成度に度肝を抜かれた。小南泰葉といえば「嘘憑きとサルヴァドール」が有名だと思われるが、ぼくとしてはこちらを推したい。ちなみに最近の曲はあんまり知らない。

 

「ミルチリカル」著:泉由良(白昼社)

文体:30 空間:30 (半客観分野:60)

感覚:29 GF:41 (主観分野:70) 闇度:0.492 レート:なし

総合点:130.492(文フリ東京25シーズン 2位 ごうがふかいな賞)

 

 ということで、泉由良氏の作品「ミルチリカル」が見事2位に。とはいえ、過去泉氏は「ウソツキムスメ」で75点を獲得し、記事化されている。のだが、このひとつだけの登録となるためレーティング対象から外れていた、実力があるノンレート伏兵のひとりなのである。同様の事情で実力があると思われながらもレーティングなしの書き手はほかに、遠藤ヒツジ氏(テキレボ6シーズンで75点を獲得)や紺堂カヤ氏(あまぶんシーズンで73点を獲得)などがあげられる。つまるところ本来はあるはずのハンデがないのだから、ある意味記事化は必然だった。

 とまあそんな言い訳はさておき、前作「ウソツキムスメ」よりもハードでより純文学的な印象が強い。少女が少女たり得るための、その記憶を書き留めたもの。この作品を通読して得たものを言葉にするとそんなところだろうか。少女はとしをとって、不可逆な変化をたどって少女ではなくなっていくのだが、抗酸化を試みている何者かによる、自らの少女性を抜け出さないように、社会に溶けださないように全力で保ち続けようとした末に生まれた副産物のような、そんな印象である。だからこれはゴシックでもなく、ロックでもなく、もちろんロリータでもなく、純文学として顕現したのだろう。純文学以外に少女性を保存できるすべがないわけではない。しかし、重要なのはこの少女性というものを保持するためにテキスト、それも純文学というフォーマットを選んだことにあるのではないかと思う。それはもはや、ごうがふかいなという言葉で表せるような、単純な概念ではないだろう(もっとも「ごうがふかいな」という概念自体も複雑で多様性に富んでいるものだが、ここで示されているのはその範疇を大きく超越している、という意味)。

 だからこそ、ぼくはGF点に異例の41という超超高評点を配し、結果的に本シーズンレースの中で「ごうがふかいな賞」を授与するという判断に至った。ここだけの話であるが、そもそも昨ステージにおける一分野25点以上、そして今ステージにおける一分野40点以上の評点は原則として配点しない方針である。50点が形式上の満点であるが、実際は40点を仮想の上限として想定しているという考え方だ。これはなぜかというと、想定していないとんでもない作品が突然現れた時のために予備の配点を残しておかないと、制度上の上限に達してしまう恐れがあるからである。すなわちこの作品に漂っているある種のごうがふかいなは、もはやごうがふかいなという概念を超越した濃度と強度をもって本作品に顕現していると考えられるため、今回特例的に41点としている。だから本作品がごうがふかいな賞になるのは必然といっていい。

 まあ何が言いたいかというとやっぱミルチリカルって滅びの呪文っぽいよねって話だ。

 

 というわけで、言語化に対するハードルが異常に高い本作であった。きちんとできたとは思えないが、それでも全力をつくしたつもりであるという言い訳はしておきます。

 

 ということで、1位はある種の必然。まんまる双璧としてのレートをものともしなかったあの作品です。こうご期待。