読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

かーびぃのメモ帳

球体の生物が日々感じたことをつぶやくよ!

鏡の向こうにはおぞましい世界が広がっているっていうのはローカリストの戯言

 

 どうもかーびぃです。さすがに疲れてきたぞ。

 

 凛として時雨というバンドがある。金属が打ち鳴らされるかのようなきんきんとささやくように響くボーカル、撃ちだされるギター、うねりをあげるベース、正確無比な緩急で降り注ぐドラム、そのすべてが混然一体となって聴くものの感覚を攻撃するサウンドを作るグループだ。ぼくは彼らの曲で一番最初に聞いたのは「Beautiful Circus」なのだが、今でもこの曲が一番聞きやすくそれでいて他の曲と遜色のない破壊力を備えていると思う。

 歌詞はあるようでない。ないようである。少なくともほかの要素よりは重要ではないとぼくは考えている。むしろ、その極度に攻撃力を高めた音像の中からメッセージ性をつかみ取ることのほうが意味がありそうな気がしてくる。

 

 戯言。

 

「遊園地とクレイン 第五号 鏡」著:梅に鶯(梅に鶯)

(通読性:17、宇宙感:19、残響度:18、嗜好:5、闇度:B 合計:63点)

 隣のサークルが、非常に人数も多く、また売れ行きもよくて、研究してみようと思ってブースを見ていたらこの「鏡」にとても「ごうがふかいな」を感じたので思わず買った次第である。

 結果、この4篇の短編がどれもかなりクオリティの高い代物で非常に驚愕しただけだったという非常に簡単なオチ。

 4篇であってもすべて高クオリティで、かつ、ワンテーマでここまで統一性が出るということはまずない。それが文芸サークルであればなおさらである。出てくる小説はいずれも高い攻撃性を内に秘めながらも、それを巧く加工して物語に引き込んだり、推進力にしたりして、いたずらに読者を刺したり、物語を破たんさせる方向に向かわせないという、なんというかプロでも難しいことを平然とやってのけていて、その上彼ら「全員」がそれっていうそのすごさが目立った。4人もいれば、たいていはひとりくらいはお情けというか、個性もしくは技術力のどちらかが期待水準を下回っているようなものなのだが、この4人のある種の結束が非常に強いのか、そのほころびがなく、結果、どこか人間臭さも失っていたイメージ。

 各短編について。

 「悪意のうつし身(松井駒子)」は、4篇のなかでもとりわけ高い構成力と強い引き込み、フレーバーを伏線に持ち込む妙技が光る、巻頭作として絶好の引きを持つ作品。共通テーマの「鏡」も、双子を主要な登場人物とすることで、実物と概念の両方を軸に据えるという、まさに作者の力を感じさせる小説。

 「魔術の学徒と鏡の瓶詰(唯月海理)」は、どがつく異世界ファンタジーなのだが、その世界観を違和感なく説明するギミックを仕掛けているのがとても印象的であった。長編の世界から切り取ったような構図ではあるものの、ストーリーとして完結されているし、周囲の情景を違和感なく浮かび上がらせる描写力が目立つ。

 「小さな魔法使いと使い魔たち――おしゃべりな鏡(上矢竜喗)」は、これも別ベクトルの、どがつく異世界ファンタジー。使い魔たちのキャラクターが彩り豊かで非常に楽しい。シリアスな要素をかなり裏に抑えつつ、鏡をめぐる使い魔たちの面白おかしいやりとりが繰り広げられるところが面白いと思った。

 「あなたになりたい(倉田希一)」これがトリとして秀逸。サカエとアズサというふたりの小学生の間に繰り広げられる感情の機微を描きつつ、物語をドラマチックに展開させて読者をひきつけ、最後にネタばらしを仕掛けエンディングへ、という起承転結のはっきりした話でありながら、サカエとアズサ、それぞれの孤独と、それぞれの感情の歪みの象徴として出てくる手鏡の使い方が妙。読み終わったときの印象深さ(評点上でいうところの「残響度」にあたる)ではダントツ。

 

 というように、どれも各人の色を出しながら、強い個性を小出しにしていく技術力の高さが光る作品集で、くしくもこの文フリ金沢シーズンを象徴する一冊になったと個人的には思っている。

 

 以上、文フリ金沢シーズンでした。

 ということで、文フリ東京もがんばるぞい!!

花言葉を知らなければ想いが伝わらない世界から脱出していまここにいる

 どうもかーびぃです。

 

 ぼくが最近注目している声優、中恵光城さんは歌手としても順調にキャリアを積み上げている逸材なのであるが、その曲の中に「レイル・ロマネスク」という曲がある。悠然と星空が広がりそうなオケに乗せて、中恵さんの安定感のある、甘みを帯びた凛とした声が歌詞と世界観を広げていく、とても彼女に似合う曲だ。どことなくノスタルジックな雰囲気が漂う中、芯の強い歌詞が推進力となっていくこの曲は、僕の中では同人時代の曲以上に彼女の代表作と言える代物ではないかと考えている。

 まあ、いうて「恋歌宣誓」の色気とかわいらしさのダブルパンチにはかなわないところあるんですけど。

 

「ウィンダーメアの座標」著:灰野蜜(イン・ビトロ・ガーデン)

(通読性:18、宇宙感:17、残響度:18、嗜好:6、闇度:C 合計:62点)

 手製本で丁寧に作られ、小説自体も非常に丁寧であると感じられた作品。主人公と野枝美という幼馴染の少女が、離れ離れになる前に星を見に行く、という話なのだが、このストーリーラインもシンプルでいてとても綺麗だし、そもそもこの主人公と野枝美の関係性や、野枝美という中学生の少女が持っている特有の美しさというものを本当に、丁寧に丁寧に、それこそ途方もない思考と作業の果てに描出している。そうでなければこれほどまでの密度をもって彼らが見た景色をこちら側に想起させることは不可能である。ともすれば陳腐な青春の入り口のような、ただの甘酸っぱさだけを残して終わってしまうような薄っぺらい物語になりがちな構図と進行でありながら、ぼくがこの作品にシーズン3位の高評点をつけたのは、極限までに洗練に洗練を重ね、説明臭さを排除しつつふたりのキャラクターの陰影を浮かび上がらせ、関係性を浮かび上がらせ、生活を浮かび上がらせ、心理を浮かび上がらせている途方もない描写力にある。題して「超高画質小説」とでもいうべきだろうか。例え4Kのテレビが8Kになったところで、この小説のみずみずしさ、鮮やかさ、そしてたちのぼる臨場感にはかなわないのではないか。そして、それがなしえるのはテキストのみで構成されている小説だからこそではないか。そういった可能性をぼくに感じさせてくれた。

 どうも文フリ金沢はこの手の、一見地味なようでいて途方もない力を秘めたライターが、これまた地味なこだわりを秘めた本に潜んでいて、尖った個性や奥底に沈む闇ではなく、確かな、それこそ技術力ともいうべき力を、誇示することなく、淡々とそこにある、みたいなタイプが多いなと感じた。もちろん、既刊もかなりあったので、ぼくが偶然そういう本ばかり選んだというのもあるだろうが、それを含めても、強い個性へのアンチテーゼ的な、やはり金沢としての矜持というか、そういったものをまざまざと見せつけられたような気がする。

 

 次の首位となった本についても、同じような形で、派手さはないものの力がすごい、というタイプだ。

チャンネルがぶっ壊れている人間に人並みの生活を要求するのは罪とみなされるのか

 

 どうもかーびぃです。脳みそがまともに動き出したので普通のわけわからんタイトルに戻ります。

 

 ぼくの大好きなアーティストのひとつ、トミーヘブンリーに「monochrome rainbow」という曲がある。バクマン。か何かの主題歌だったかと記憶している。イントロからサビまでのテンションの上げ方と、「迷っている僕と導く君」的な、確かに誰かと生きていく歌詞のメッセージ性の強さ、そしてこの迷いよどんでいる主人公を歌詞と歌唱の両方で表現する川瀬智子の力量を全身で感じられる力作だと個人的には思う。

 

 文フリ金沢シーズン3位に入った本、それもそういった素朴な強さと書き手の力量とセンスを前面に押し出した力作ではないかなと感じる。

 

「cuddle」著:相楽愛花(素敵な地獄)

(通読性:16、宇宙感:18、残響度:14、嗜好:6、闇度:A 合計:61点)

 なんとなく手に取った本がこう、すべてにおいてセンスの塊で、弾丸のようにぼくを打ち抜いていくという感覚は結構な確率であるくらい、最近の文フリ界隈はすごい作品が多いわけであるが、それをこの分量で感じさせられるとは正直思わなかった。

 先日、この相楽氏の別の本「Dear friend of Dawn」についてちょっとテンションが高い感じで述べさせてもらったが、まさにこの文章は素材そのものを生かす味付け、という表現のしようしかないのではないかと思うくらい、この相楽氏の持つ斬新な視点とセンスがにじみ出ている。この作品はむしろその素を抑えながら書いたような跡がすごくいろいろな部分にのこされていてハッとする。その証拠というほどでもないが、冒頭は比較的整地されている文体が、後半になるにつれて徐々に徐々に、リリカルみを増していっているのがこう個人的なポイント。

 字数にしてどれくらいだろう、たぶん1万字ないんじゃないかなあ、くらいの短編なんですけど、まず舞台が何らかの理由で独立した近畿地区、っていうサイバーパンクみあふれるぶっ飛び方に比して、描かれているのは学校という閉鎖的な社会からあぶれてしまいそうになる二人の女生徒、という学園もので普遍的なもののひとつであるほどのスタンダードさ。この組み合わせ。この組み合わせでありながら絶妙に息苦しさと薄暗さを表現する力。そしてあとがきのセンスあふれる爆発的な文章。

 こういうのですよ、こういうのを同人誌(DOJINSHI)っていうんですよみなさん!!!!!!って叫びたくなるような、素朴さと切なさと力強さと(小室さんかな?)みたいな、ありえんよさみがふかいどうじんしだった。

 文フリ東京も出すらしいぞ!

 かいにいこ。

ハロウィンの次はイースターなのか~~~そうなのか~~~~~~やぶへび~~~~~~

 

 どうもかーびぃです。

 

 頭の悪いタイトルしか思いつかない体になってしまった。

 

 さて、さっそくですが、文フリ金沢シーズン、惜しくも選外になってしまった同人誌のみなさんについて、まとめます。

 

「ワールドエンドワンダーランド ぼくらの寮と町と魔女について」

著:武田(土星文庫)

 個人的にものすごーく設定がツボだったし紹介文も端的だったので買ってきた一冊。設定に偽りはなく、最後まで一貫して海水面の上昇により限界集落化しているある地方都市の中で、間もなく廃校になる男子校の生徒たちを中心とした出来事が、ホラー風味に、淡々と起きていくさまを描いている。オチが納得のいく形で表現されており、出てくる登場人物がとても血が通っている感じがして、特にぼく自身が男子校の人間だったこともあり生徒の会話がかなりそれらしかったのが驚きだった。そう、この小説の不思議なところは、男子校の、それも衰退する世界で滅ぼうとしている男子校の、最期の日常をひとつの事件を軸に淡々と描いているのだが、文体があまりにも淡々としすぎているがために、なんとなく語り手は女性なのではないかという気がして、読み終わった後にすごく不思議な感じがした。別に男性が書いていても何も不思議ではないし、むしろ、なんというか、男子校特有の会話の流れも節々に出ているあたりが、こうリアルすぎない程度にリアルなわけで、逆にそういうところがこう、男子校出身の男性じゃなさそうだな感があるのかなあ。ここはよくわからないです。題材の組み合わせがとても面白かったし、素敵な雰囲気の文章でした。選外になったのは、単純にこう、インパクトというか、淡々としすぎちゃってるというか、ストーリーがこう、印象に残らない感じがしたんだなあたぶん。感情に訴えかけてくるのを極力排した感じがするのが、なんというか心に残らなかったのかもしれない。かもしれない運転。

 

「Black Sheep in the Cage ~The first incident~」

著:神谷アユム(青猫のすみか)

 いやーまさかのって感じ。このかーびぃ氏がまさかド直球のBLをつかまされるとはって感じですよ。正直最初の1ページで買いだなと思ったくらい、主人公に「ごうがふかいな」を感じたので買ったんですけど、それは予想通りだったんですけど、途中から「あれ?これもしかしてド直球BLでは?濡れ場めっちゃでるタイプのホモなのでは?」とか思い始めて、それは杞憂に終わったわけだが、なんというか、それ以上にド直球BLとしか表現できないくらい、「うわああああああああああ若い!!!!!!この作者若い!!!!!たぶんすげー若い!!!!!!!!!でもごうがふかいな度は高い!!!!!!!!!!」って感じが途中からすごいしてきて、というか設定も導入もどんどん「そういえばあれだな!!!!!!」みたいなわたしの頭の中のカミナリがですね、後追いでツッコミをいれてくるわけですよ。

 とまあなんかすごいdisり風な評をしているけれども、ストーリー的にも設定的にもてんこ盛りであることを除けばとても読ませる感じの流れだし、なによりこの人の文体、非常に感情に刺さる!すごい!刺さる!それがこう、ぼくがこの小説を「ド直球BL」と表現した理由で、こう、主人公と相棒のセリフのひとつひとつが!刺さる!すごい!刺さる!そしてそれを支える地の文!お前!お前が刺してどうすんだってくらい!刺さる!かーびぃ氏蜂の巣なんですけど!!!

 はあ、疲れる。この作品、読むのも紹介するのもすげー疲れる。

 いやもうなんというか、こう、すごいよい腐女子の妄想を見たというか、もうそうとしか言いようがない感じのやつなんですよ!妄想だけに!妄想だけに!!!!

 そういう感じの本です。クトゥルフが好きなのかな?って感じの。

 

「女の暮らし」著:上田聡子(スプーンと鈴)

 この中で一番おちついている。すごく商業っぽい感じがした。というか、これ、たぶん本屋で売ってても買う。それくらい隙のない小説群。端的に言えば、現状にめげそうになりながらも、支えを失いそうになりながらも、それでも強く生きていこうとする現代の妙齢の女性たちを描いた現代小説。登場人物の描写がとてもなめらか。表現力も卒がない。すごくありふれている話を「ありふれていますよ」とアピールしながらもしっくりと読み進められるように構成されている。文フリ金沢で出会った書き手の中ではおそらく一番場数を踏んでいるように思われるし、いままでかーびぃが見てきた同人の書き手の中でも、こと現代小説に限ればここまで克明に空間と人物を同時に描写しつつ、練られた展開で読者を引き込み続けられる書き手はほとんど思いつかない。まさに、歴戦の戦士のような、底力を思わせる強い書き手だった。

 それだけに思ったのが、「あ、でもそれだけなんだ」っていう。これだけの強い力と隙のなさを持っていながら、強力なインパクトをこちらに残さない。その上品さ。でもそれが、なんというかそこが、残念というか、この短編集全体におけるそれ自体のテーマというか、めちゃくちゃ言葉にしにくいんだけどあえて乱暴に言えば「お上品すぎる」感じだろうか。

 とてももどかしいです。

 

「Dear friend of Dawn」著:相楽愛花(素敵な地獄)

 もうこれ、さっきの逆!センス!そうすごいセンス!この人の紡ぎ出す言葉と、立ち向かう闇的ななにかがもうツボだった。ツボ過ぎて読み終わってからもうひとつの方を買ってしまった。そしてそっちの方が実はランクインしました。

 設定も深いところから浅いところ、なかなかに素敵なのだが、この本に関しては出てくる二人の女性のキャラ立ちと、出てくる夢の不気味さ。このマテリアルだけのすごいシンプルな小説なわけですが、この二つの素材がものすごく強い。もうこれは寿司です、SUSHI。ネタとシャリ、以上!それだけで食事は成り立つ!そしてそれも豪華なやつになるんだ!っていうその心意気と素材そのものの強さなんですよ。

 すばらしかった。そして取っていかなかったやつが実は最新だったっぽいという事実。

 

 くぅ~疲れました

 なんつって。我ながら結構な労力を費やしてしまったが、次からはランクインした3冊について、例によって例のごとくひとつひとつ紹介します。

 それではみなさんごきげんよう

押し寿司!!!!!!!!!!!!押し!!!!!!!!!!!!押しずし!!!!!!!!!!!!

 

 どうもかーびぃです。

 

 タイトルがクソポエムばっかりなのもアレだなあとちょっと思ったのでたまには適当な感じのタイトルをですね。

 

 というわけで、文フリ金沢行ってきました。

 金沢自体は結構行ってて、今回で人生7度目になる。生まれは埼玉育ちは千葉、大学は横浜という人間からすると比較的よく足を運んでいるほうではないかと思う。金沢は街並みが好きだ。観光都市として力を入れようとしているところと、本当にある古くからの街並みと、それ以前にインフラ的にどうにかしなくちゃいけなくてやむなく更新したところが混然一体となっていて、不思議な雰囲気を醸し出している。ちなみに、最期の更新する体力がなくなると函館になる。函館もまた趣があってよかった。また行きたいが遠い。かーびぃはひこうきがひじょうににがてである。気圧差に弱い生き物なのだ。飛行機自体はすごく好きなのに残念である。あと搭乗手続きとかも苦手。その点新幹線は切符をスイ―すればいいので楽なのだ。

 

 かーびぃはお寿司が大好きで、しかもこの前金沢に行ったときにおいしかったお店が忘れられなかったのだが土曜日の夜に急に頭痛で行く元気がなくなり仕方なく駅ビルでぶりのすしの駅弁を買ってホテルで食べた。ぶりのすしは帰りの新幹線で食べる予定だったが仕方がない。そして安定のうまさ。ますのすしも好きだけどぶりのすしの方がかーびぃ的には好きだし、笹寿しもバッテラも大好きだ。というかかーびぃ氏押し寿しめっちゃ好きだった。まあそんなもんである。

 7回も来ているとまあたいていのものは見つくしていて、駅周辺の主要の観光地で唯一行ってなかったのが主計町くらいだったから、ひがし茶屋街に和菓子を買いにいくついでに覗いてみた。ここがまさに金沢のまちづくりを凝縮したようなすばらしさがあふれている。思わず写真におさめてインスタグラムに投稿してしまったが誰も見ない。でも別にそれでいいのだ。

 

 肝心の文フリ金沢ですが、思っていたよりも小ぢんまりしていた。おそらく京都の規模を想像してしまったからなのだろうと思う。とはいえ、目だったのが、一般参加者率が比較的高い感じがした。ブースをぐるぐるしていると「あ、あのブースのひと」みたいな感じだったりオーラ的に一般参加者って感じじゃない尋常じゃない感じの比とっとかが結構いるのだが、この文フリ金沢に関してはそうでもない感じの人がわりといたイメージがある。

 あと、頒布物。

 結論から言うと、全体的におとなしい。東京のようなごうがふかいなもなければ、京都のような尖りもなく、かといってテキレボのようなエンタメごり押しのギラギラ感もなく、しんしんと降り積もる雪のように、けだし時折突き刺さるつらら、みたいな感じのやつが多かった。すくなくともかーびぃが手に取ったものは、そうだった。

 文フリ金沢シーズン、実は帰りの新幹線ですべて読んでしまったのでもう順位も評点も確定している。次回以降でその紹介をしていきたい。

 取り急ぎ、ここまでの活動報告に替えて。